竜の真実と竜笛符5

そういうこと(1〜4)から竜と通じて、竜の種類もわかってこの竜笛符ってのが生み出せました。

もちろんこの竜笛符を作り出すのは、今世の私にはそこまでルーツはないから前世以前での経験がものすごく役立ってます。
まあ似たようなことをしてきたわけです。
この竜とは別にそこに行かなくとも交信できるから、逆に色々困ったことの相談も受けました。

私の依頼者は、実は人だけではなかったりします。

そしてそのへんは持ちつ持たれつだったりする。
(竜に限らず、人外のものからの依頼もたまにあります。霊体はとても身近なものだから。)
この竜に顔色っていうのはないんだけど、体全体の色がよく変わりました。緑やら紫やら赤やら虹色やら。
変態してる時もあって、カブトムシと同じだ〜て。
(昔よく飼ってました・・。夜中に墓場の裏のクヌギの木まで早起きして取りに行ってました。)
都度すごくパワーアップしてたり。でも精神年齢は変わってなかったり(笑)見て見て〜って。強くなったでしょ〜?みたいな。
なんだかんだでじゃれて来ます^^。
霊犬と同じようにまあ憎めない可愛いペットみたいなものです、この竜も。

だから私、色んな性質の色んなパワーがある時に、どういうエネルギーの種類があるのかってのはこれまでずっと目の当たりにして来ました。色も光も形も。

霊視×フリハで調べればもちろん正確にわかるし知れます。
でも実際に体験して経験してっていうのは又全然別の経験値になります。
そしてそれが日常的に続くともう体も頭も忘れなくなるし、自分のものになる。

そういうバックボーンがあって私が竜笛符を作るのも自然な流れでした。
もちろん仕組みはわかっているとはいえ、作り方を一歩間違えると神罰この上ないから、ハイリスクの上に成り立つリターンです。

 

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 霊符&神折符.com
≫≫ 正しい除霊・霊障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
特徴 使用方法